マイルでサーフィン

ANAマイルを貯めて世界中にサーフトリップに行きたいと決意し2016年より陸マイラーになりました。マイルの貯め方やサーフィンの事を書いています。

シンガポールチャンギ空港 シルバークリスラウンジレポート

【スポンサーリンク】

今回の記事はシンガポールチャンギ空港ターミナル2のシルバークリスラウンジレポートです。今回のサーフトリップは成田からシンガポールを経由してバリ島に行きます。前回の成田~シンガポールビジネスクラス搭乗の記事はこちらです。

 

www.nukesaku.net

 

 

初めてのシルバークリスラウンジ しかし仮眠する場所がなかった

 

シンガポールには定刻通り深夜0時20分に到着しました。次のフライトは朝の8時20分なので8時間程時間があります。その間にチャンギ空港を探検&ラウンジ巡りでもしようかと思っていましたが体調が悪くそれどころではありません。今回のサーフトリップはすべてビジネスクラスを利用するため各空港のラウンジを利用することができます。なのでシルバークリスラウンジで身体を休めることにしました。チャンギ空港には2017年4月現在3つのターミナルがありますが今回はターミナル2に到着して出発もターミナル2だったので移動距離が少なく済んだのは体調の悪かった私にはとても助かりました。ラウンジは2階にあり多少歩きましたが「Loungeはこっち☞」の表示板の矢印通りに進めば迷わずにすぐに見つけることができました。

初めてのシンガポールでのラウンジ入室で緊張しましたがあっさりと入ることができました。さすがに深夜のラウンジは人は少なく仮眠するには良さそうです。

f:id:Nukesaku:20170515223003j:plain

f:id:Nukesaku:20170515223039j:plain

 ラウンジ内には食事や飲み物などがありましたがそれには目もくれず寝床を探しに行きます。しかしラウンジ内にはソファーしかなく仮眠するには辛い環境でした・・・

f:id:Nukesaku:20170515224257j:plain

 とりあえずソファーに腰かけてみましたが座り心地は良くても眠り心地は最悪でした。まぁソファーは座るためのものなので当然なんですけどね(笑)

 

気の利くスタッフにソファーベッドの作り方を伝授される

 

それでも体調が悪くなんとか寝ようとソファーと格闘しているとラウンジのスタッフがこちらにやってきて「枕と毛布はいるか?」と尋ねてきたので食い気味にYESと答えます。するとそのスタッフは「ソファーとソファーをくっつけてベッドにして寝てもいいよ」と言ってくれたので早速ソファーベッド作りに取り掛かります。ソファーは固定されていないので簡単に動かすことができました。単純にソファーとソファーをくっつっけるだけでは長さが足りないので隙間にソファーの背もたれのクッションを入れました。

f:id:Nukesaku:20170515225506j:plain

そして完成したソファーベッドがこちらです!背もたれのクッションを入れることにより身長175センチの私でも何とか横になって寝れるスペースを確保することができました!

f:id:Nukesaku:20170515225543j:plain

f:id:Nukesaku:20170516004446j:plain

このソファーベッドのおかげで身体を横にして寝ることができたので少しは楽になりました。結局ラウンジでは食欲がなく暖かい紅茶しか飲みませんでした。

搭乗時間の30分前にラウンジを後にして手持ちののど飴がなくなってしまったので空港内の薬局でのど飴を買いに行きます。下の写真はインドネシアで購入した物ですがシンガポールでも同じものが売っていました。ストレプシルと言ってアジアでは有名なのど飴みたいです。薬局の店員さんに勧められた物を購入しましたがその味が強烈でまさにという感じののど飴でした。そのおかげで喉の痛みもかなり軽減できました。このストレプシルは喉の痛みに良く効くので自分のお土産にも他の方のお土産にもおすすめです。

f:id:Nukesaku:20170515231332j:plain

まとめ

 

シンガポールチャンギ空港ターミナル2のシルバークリスラウンジ内には仮眠スペースはないがソファーを組み合わせて簡易ベッドを作ることができる。枕とブランケットはスタッフに言えば持ってきてくれます。しかし多少隙間があるので快適とは言えないが十分仮眠することができました。

www.nukesaku.net

www.nukesaku.net