マイルでサーフィン

ANAマイルを貯めて世界中にサーフトリップに行きたいと決意し2016年より陸マイラーになりました。マイルの貯め方やサーフィンの事を書いています。

バリ島サーフトリップ サーファーにおすすめホテル&レンタルバイクのすすめ

【スポンサーリンク】

2018年のGWはバリ島にサーフトリップに行ってきました。宿泊ホテル&レンタルバイクについて書いています。前回の記事はこちらです。

www.nukesaku.net

サーファー御用達?グランドイズタナラマホテルに宿泊

 

今回のバリ島サーフトリップではクタエリアに宿泊します。宿はクタビーチの目の前にあるグランドイスタナラマホテルに宿泊しました。サーファーにとってはホテルの目の前がクタビーチサーフポイントという素晴らしい立地です。海から上がったらプールでマッタリするのがとても気持ち良かったです。

古いホテルでしたが一通りの物は揃っており快適に滞在することができました。

 

▼中庭もしっかりと手入れされていてとても気持ち良いです。1階、2階の各部屋にはベランダもあり濡れた海パンやタオルを干すスペースもありました。 

 

▼ベッドも一人で寝るには十分すぎる大きさです。ってか枕6つもいらない(笑)

 

▼セーフティーボックス完備でセキュリティー面も安心。蚊取り線香がありますが部屋に蚊がでることはなく一度も使うことはありませんでした。

 

▼シャワールームはカップルには嬉しいスケスケシースルータイプ💛シャワーの水圧は弱く水がしょっぱいけどそれがバリクオリティ!一人なら全然問題なし!!

 バリ島の移動にはレンタルバイクが便利

 

今回のサーフトリップではクタビーチ以外のサーフポイントに行くためにレンタルバイクを借りました。サーフキャリア付きで1日60000ルピア(日本円だとおよそ457円)で借りることができます。滞在ホテルまでバイクを持ってきてくれるので非常に便利でした。返す時もバイクの鍵をバイクのシートに入れてホテルにそのまま置いておけばOKというところがなんともバリらしい(笑)

今回バイクを借りたお店がこちらです。

レンタカー&レンタバイク ::: バリ島レンタカー・ショップ -KAZUYA Rent A Car

 

▼バイクはヤマハ製の125CCです。ヘルメットも無料で貸してくれます。バリでの街乗り程度には十分なパワー。サーフキャリアにサーフボードを乗せたらしっかりハンドルをきりボードに干渉しないか十分確認しましょう。

 

 ▼フィンは取り外すのが理想ですが私はめんどくさかったので内側に向けるようにしています。フィンを外側にしてしまうと物にひっかかったり最悪人を傷つけてしまう恐れもあるので絶対にやめましょう。

 

バリ島でバイクを運転でする時注意すること

 

平日の通勤、通学時間、夕方の帰宅時間にバイクに乗ると場所にもよりますがひどい渋滞に巻き込まれます。私は早朝に海まで行き15時くらいにホテルに戻るようにしていました。早朝は道もガラガラで快適なツーリングを楽しむことができるのでオススメですよ。

 

暑くてもヘルメットは必ず被りましょう。現地の人やオージーの中にはノーヘルで運転している方もいますが非常に危険&悪名高い現地警察に止められて罰金を取られてしまいます。

 

サーフポイントによってバイクの駐車にお金がかかるところもあります。お金といっても2000ルピア~5000ルピア(15円~40円くらい)なので気前よく払いましょう。

 

国際免許証とバイクに付いている車検証(STNK)は必ず携帯しましょう。警察に止められた時にこの2つがなければさらなる罰金が待ち受けています・・・

 

バリでバイクを運転して感じたことは流れに乗って走っていればそれほど怖くないということです。これは実際に体験してみないとわかりませんがすぐに慣れます。

バリ島のレンタルバイクは格安でお手頃なのでサーフポイント巡りやツーリングにもおすすめです。

www.nukesaku.net

www.nukesaku.net