マイルでサーフィン

ANAマイルを利用し、毎年バリ島にビジネスクラスを利用してサーフトリップに行っています。このブログではANAマイルのお得な貯め方やサーフィンの事を書いています。ホームポイントは静波海岸です。

ANAマイルでインドネシアのバリ島へ 2020年の3月はガルーダインドネシア航空のビジネスクラスでサーフトリップ

【スポンサーリンク】

2016年の9月から始めた陸マイラー活動により2019年9月時点で妻の口座と合わせて30万マイルほど貯まっています。

f:id:Nukesaku:20190929080435p:plain

これまでの間2018年にANAの上級会員のプラチナステータスを目指すSFC修行をしたり2018年にバリ島サーフトリップに行ったりしてマイルを使っていますが私の旅行ペースではなかなか使いきることができていません。

 

貯めたマイルは使わなきゃ全く意味がないので成田空港発、ガルーダインドネシア航空のビジネスクラスで行くバリ島サーフトリップを計画しました。

f:id:Nukesaku:20190929073013j:plain

 

何故3月にバリ島にいくことにしたのか?

バリ島には毎年GWを利用してサーフトリップに行っていましたが来年3月にまとまった休みが取れそうだったのでそれに合わせてバリ島に行くことに決めました。

 

あとGWなどの長期連休などと違い3月の平日なら人が少なそうというのも決め手のひとつです。

 

GWのバリ島では同じようなサーフトリップの日本人がたくさんいてポイントパニックになることも少なくないですからね(>_<)

 

バリ島の3月はちょうど雨期が終わり乾期に移り変わる時期で波のサイズが大きくなることも少ないんです。私は小波にしか乗れないヘタレなのであえて波のサイズが期待できない3月を狙って行ってみることにしました。

 

実は3月にバリに行くのは2回目です。前回行ったのは2015年3月

f:id:Nukesaku:20190929073831j:plain

この時のトリップでは程よい胸〜頭サイズのコンディションの良い波に恵まれて終日エアポートレフトで最高に楽しい時間を過ごすことができました。

 

その時の美味しい思いが忘れられずいつか3月にまた行きたいと思っていたのです。5年越しの願いがついに叶います!

 

ANAマイルを利用してガルーダインドネシア航空の特典航空券を発行 

ANAはガルーダインドネシア航空と2014年から業務提携をしており2019年9月現在も継続しています。

 

その為ANAマイルを使用してガルーダインドネシア航空の特典航空券を発券することができるのです。

 

日本からバリ島までのガルーダインドネシア航空のバリ島への直行便は成田、関空から一日一便出ています。

 

エコノミークラスの場合の必要マイル、燃油サーチャージなど税金の支払金額

特典航空券でも燃油サーチャージ料、各種税金、空港使用料は必ずかかります。料金は航空会社でも変わるので注意してください。

▼ガルーダインドネシア航空のバリ島直行便の必要マイル数はエコノミークラスで往復35000マイル~となります。

f:id:Nukesaku:20190929074550p:plain

▼ちなみにシンガポール乗り継ぎでもよければ必要マイル数は3000マイルほど多くなりますが燃油サーチャージ、税金が6020円ほど安くなっています。

出発時間が深夜なので仕事終わりにバリ島へGOなんて荒業も可能です。

f:id:Nukesaku:20190929074858p:plain

 

ビジネスクラスの場合の必要マイル、燃油サーチャージなどの支払金額

 

▼ガルーダインドネシア航空のバリ島直行便のビジネスクラスは60000マイル〜となっています。燃油サーチャージなどの税金の支払い金額はエコノミー、ビジネスでも違いはありません。

f:id:Nukesaku:20190929081312p:plain

▼ちなみにシンガポール乗り継ぎ便のビジネスクラスの場合のビジネスクラスは63000マイル~となっています。税金の支払い料もガルーダとそんなに変わりませんね。

こちらはANAとシンガポール航空ビジネスクラスに乗ることができるのでビジネスクラス乗り比べなんて事もできちゃいます。乗り継ぎの間もシンガポールチャンギ空港内のラウンジでマッタリ過ごすこともできます。時間に余裕のある方はこちらもオススメです。

f:id:Nukesaku:20190929082040p:plain

私のオススメはビジネスクラスです。成田発の機材ボーイング777-300ERのビジネスクラスはシートがフルフラットになるので横になって寝ることができ移動の移動の疲れを癒すことができます。

 

ビジネスクラスならではの美味しいコース料理も堪能できます。

f:id:Nukesaku:20190929233138j:plain

▼お腹いっぱいになったら横になって寝るのも良し!

f:id:Nukesaku:20190929232457j:plain

▼お酒の飲める方はとことん飲んでも良し!

f:id:Nukesaku:20190929232729j:plain

▼大きなモニターで映画鑑賞するのも良し!

f:id:Nukesaku:20190929232859j:plain

空の上で自分だけの優雅な時間をお過ごしください。

 

ビジネスクラス搭乗に必要な60000マイルと聞くと普通の人なら躊躇してしまいますがANAマイルは陸マイラー活動をすることで比較的簡単に貯めることが可能です。

 

バリ島サーフトリップの日程 バリ島での過ごし方

 私のバリ島での過ごし方を簡単に書いてみました。バリ島は今回で8回目になるので観光は一切しません。

 

【1日目】午前11時に成田空港発、7時間の空の旅の後、現地時間17時45分にバリ島デンパサール国際空港に到着

空港から出るまで早くて1時間程、入国審査が長蛇の列になっていたりすると2時間程かかることも・・・

 

空港を出て宿に着く頃にはすっかり日が暮れてしまっているので1日目は移動だけで終わってしまいます。翌日は朝一からサーフィンするので早めに就寝

f:id:Nukesaku:20190930000515j:plain

バリ島でZの鼓動を感じた瞬間

 

【2日目】終日サーフィン!疲れたら飯食って寝るそしてまたサーフィン・・・最高!

f:id:Nukesaku:20190930000338j:plain

 

【3日目】終日サーフィン!どんな時でも波のコンディションチェックは怠りません!!

f:id:Nukesaku:20190930000407j:plain

 

【4日目】終日サーフィン!今日もいい波です!!

f:id:Nukesaku:20190930000829j:plain

 

【5日目】やっぱり終日サーフィン!たとえ波が良くなくても海を眺めていればいいことあるさ!

f:id:Nukesaku:20190930002144j:plain

 

【6日目】最終日もやっぱりサーフィン チェックアウト後は近くのスーパーで家族用のお土産を買って最後の晩餐を楽しみます。

f:id:Nukesaku:20190930002448j:plain

バリ島での最後の夕暮れ・・・少し寂しい

翌日の0時45分発の便で帰るので余裕をもって21:00頃には空港へ向かうようにしています。

 

【7日目】朝8時40分成田に到着後は空港内の出汁茶漬けえんでお茶漬けを食べて日本食のありがたみを知ってから帰路に着く・・・私のサーフトリップはいつもこんな感じ(笑)